入れ歯に関する相談・配信サイト

contents
入れ歯相談室
ミラクルデンチャー
ミラクルラボ
ミラクル歯科医院
使用患者の声
HOME

義歯相談室
【中川歯科医院ホームページ】

日本全国に広がる歯科医院のネットワーク

歯科技工所、ミラクルラボ


↑

奈良

米田歯科医院      
under


↑
柳原歯科医院  柳原一晃

米田歯科医院  米田典行

〒712-8032  岡山県倉敷市北畝 5-17-47

電話番号:086-456-1800

ホームページ:

http://www.dc-yoneda.com/
<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

ミラクルデンチャーは口の中、全てのバランスを考えた入れ歯

早いもので、私が当地で開業して20年になります。最初は大学で教えられた通りに「入れ歯」を作っていましたが、なかなか満足の得られるものは出来ませんでした。
全国の名人・上手といわれる先生の著書を読んだり、研修に参加したりしながら、いろいろな方法を取り入れてきました。しかし、どれも一長一短で、「入れ歯」に限界を感じ、半ば諦めかけていました。
そんな時、ミラクルデンチャー」と出会い、発想の違いに最初は少し戸惑い、不安もありました。が、ミラクルデンチャーを装着した患者さんの喜びの声を聞いたとき、不安などすべて払拭してくれました。
「従来の入れ歯」や「インプラント」も悪いことばかりではないのですが、いろいろな問題を抱えており、口の中や体の状態によってかなりの制約を受けてしまいます。
特殊な新素材を使うものも、最初は快適で良いのですが、口の中が変化してきた時に対応が簡単に出来ないか、作り直さなければいけないなど、長期的に見ると諸々の問題がありました。
また、「従来の入れ歯」は残っている歯がしっかりしていることを前提に作ります。
その歯で「入れ歯」を主に支えるためです。
そのためグラついている歯は、入れ歯を作る前に抜いてしまったり、また向きの悪い歯を削って「さし歯」にしたりと、患者さんにとっては負担や犠牲が大きくなることもありました。
これらに対して、「ミラクルデンチャー」は新素材に頼るのではなく、口の中全体のバランスを考えた設計・構造であるため、上記のような問題が同時に解消されてしまうのです。
バネは小さく目立たなくなるのと裏腹に、歯に対する負担が小さくなり、その上なんと歯のグラつきまで止めてしまいます。
また、歯ぐき部分も必要最小限まで小さくなるため違和感も少なくなります。
「インプラント」との違いは、患者さんの体に対する負担や制約が少ないことはもちろんですが、「アフターケア」が患者さん・医療者ともに楽だということです。

今後、高齢化の進行に伴い、「アフターケア」が簡単・容易ということも大変意味のあることだと思います。
under
このページのTOPへ
Copyright(C) Ireba110ban. All Right Reserved.