入れ歯に関する相談・配信サイト

contents
入れ歯相談室
ミラクルデンチャー
ミラクルラボ
ミラクル歯科医院
使用患者の声
HOME

義歯相談室
【中川歯科医院ホームページ】

日本全国に広がる歯科医院のネットワーク

歯科技工所、ミラクルラボ




↑
越久村歯科医院 越久村真一
越久村歯科医院   越久村真一

〒615-0067  京都市右京区西院小米町36 山下ビル1F

電話番号:075-321-4768

ホームページ:http://www.okumura-dental.com/

<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

インプラント、決断の前に是非ミラクルデンチャーを!

当院では顎関節症と金属アレルギーを専門としてやってきましたが、ここ3、4年前から、新たに歯列矯正とミラクルデンチャーを加えました。
特にミラクルデンチャーと出会ってからは、以前からうすうす感じてはいたのですが、「入れ歯に関しては新人の歯科医とそんなにかわらない。つまり何も分かっちゃいなかった」のだということに、改めて気が付いたというのが事実です。それほど、入れ歯へのイメージが変わってしまいました。これまでは、レストという沈み込み防止装置の意義を疑うことなく盲信していました。ところが、レストやクラスプが脱落したまま調子よく使っている方が、時々いました。そういう事もあるんだと思って深く考えませんでしたが、その部品が脱落したまま調子のいい入れ歯の延長上にこそ、ミラクルデンチャーがあるように思います。
レストがあると患者さんは、うっとうしいみたいです。どうしても支えの歯に負担がかかります。人工歯にかかる負荷がダイレクトに顎提に縦方向にかからないため、維持のかかる歯の近くと遠くの顎提にかかる力のベクトルの方向にズレが生じて支台歯をゆすぶります。そうだ!レストなんか要らないのだ。その事実をミラクルデンチャーから学びました。まさに目からうろこでした。
つまり、支台歯に負荷がかからない。それどころか支台歯が長持ちする。まさに「ミラクル」な入れ歯に出会ったのです。入っている感じがしない。しかし患者さん自身の歯には、当然ながら劣りますが、従来の入れ歯に苦労されている方はもちろん、現在の入れ歯を気に入っている方にも「入っている感じがしない」との評価をいただけるものと思います。
ただ、着脱に少し練習が要りますので、すごく短気な方や痴呆の始まった方には適応ではないかもしれませんが、最近では、より進化し設計を変えることにより対応出来るようになりつつあります。
最近、いろいろな入れ歯が保険外で考案されていますが、ノンメタル(金属を使わない)入れ歯は、どうしても、モノを噛んだ時にたわんでしまい、「へなへな感」がぬぐえません。つまり、よく噛めないのです。また、金属アレルギーを専門でやっております歯科医として言わしていただくと、金属は親和性をクリアさえできれば、まだまだプラスチックより薄くて丈夫という捨てがたい特性があります。
しかも、ミラクルデンチャーは、旧来の義歯より金属ははるかに小さく目立ちません。でも、できるだけ親和性の高い金属で作るほうが良いように思います。多くの場合、経済的余裕があれば、白金加金を選択することになります。そして出来れば、いい機会ですから下顎の位置関係を見直しましょう。慢性の肩こり、頭痛、腰痛、全身のひずみ等の解消に効果があることが多いようです。
最近、義歯治療の一つとして、インプラント治療を考えている方が少なくありませんが、なにしろ頭蓋骨に穴を開けて、そこへ親和性もわからないチタン合金を埋め込むのは、すごくリスクの高いものです。そんな冒険は最後の最後にまでとっておいて、その前の段階、つまり、インプラントへ踏み切る前に、是非ミラクルデンチャーの治療を覗いてみては如何でしょうか。きっと満足を得られること請け合いです。

under
このページのTOPへ

↑
越久村歯科医院 越久村真一
田上歯科医院 田上篤

〒619-0327  京都府相楽郡精華町光台7-14-8

電話番号:0774-93-0772

ホームページ:http://www.tagami-dc.jp/

<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

部分入れ歯に新たな光明現わる

今までたくさんの部分入れ歯を患者さんに装着してきましたが、どうしても残っている歯や歯茎の状態に左右される事が多く、総入れ歯になるまでのつなぎ的なもの、とにかく当面の見た目や咬合・咀嚼の回復が先で、入れ歯に快適さまで求めるのは難しいケースもあり患者さんに我慢を強いることも多々ありました。
多少リスクがあってもやはりインプラントにシフトせざるを得ないのかと考えていたところにミラクルデンチャーの存在を知りました。
従来の部分入れ歯の欠点を克服し、構造的に画期的な義歯。
それはシンプルでコンパクト、しかも残存歯牙にも優しい義歯の登場により部分入れ歯にも新たな光明を見出せるようになりました。
しかもこの義歯はいまも進化・改良されています。
超高齢化社会の現在、患者さんにとっても歯を失った代替治療に新たな選択肢となり、今使用中の入れ歯にどうも馴染めない方や、初めて入れ歯をするのに不安をお持ちの方にもお薦めできる  
快適な入れ歯です。
“違和感なくよく噛める” “入れ歯をいれている感じがしない”
“喋りやすく、食後すぐはずして洗わなくても気持ち悪くない”
これらは入れ歯をつくって装着した我々歯科医に対する最大の賛辞です。
ミラクルデンチャーはこれらのことを可能にします。
何時でも、気軽にご相談下さい。
under
このページのTOPへ

↑
羽田歯科医院 羽田雅文
羽田歯科医院 羽田雅文

〒602-8326 京都市上京区今出川通六軒町西入る西上善寺町184-1

電話番号:075-467-2615

ホームページ:http://hada-dc.com/

<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

ミラクルデンチャーで、歯の寿命を最大限に延ばしましょう。

多くの患者さんが実際に体験されていて、すでに気づかれていること、それは 『部分入れ歯を入れると、バネをかけられた歯がだんだん悪くなる』 ということです。
我々歯科医師もそれに気づいており、何とかしたいと思うのですが、従来の義歯ではその構造上、どうしてもバネをかける歯の負担が大きくなりすぎ、ついにはその歯の寿命を縮めてしまいかねないのです。
患者さんにしてみれば、少しでも永く歯を残したいと思っておられるのに・・・。
そんな患者さんの願いを叶えるべく登場したミラクルデンチャー。
この義歯は残っている歯にかかる負担を最小限にし、しかも従来の方法では抜歯しかないような歯であっても、残すことが可能です。
義歯特有の違和感も、調整次第でほとんど気にならないように無くすこともできます。
さらにミラクルデンチャーは従来の義歯より安定感があるので、今までの義歯では食べられなかったかたいもの(例えば堅いおかきや沢庵など)が食べられるようになります。
もう人前で入れ歯のことを気にしたり、食べるものを制限したりする必要はないのです。

ミラクルデンチャーが、皆さんの快適な食生活の一助になることを願って止みません。
under
このページのTOPへ
Copyright(C) Ireba110ban. All Right Reserved.