入れ歯に関する相談・配信サイト

contents
入れ歯相談室
ミラクルデンチャー
ミラクルラボ
ミラクル歯科医院
使用患者の声
HOME

義歯相談室
【中川歯科医院ホームページ】

日本全国に広がる歯科医院のネットワーク

歯科技工所、ミラクルラボ




↑
ささき歯科医院 佐々木浩司
ささき歯科医院 佐々木浩司

〒761-0823  香川県木田郡三木町 井戸2579-6

電話番号:087-891-0888

ホームページ:
http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail.html?hospitalNo=945459

<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

ミラクルデンチャーに不適応無し

ミラクルデンチャーのことを知ったのは、ある先生のホームページでした。何か変わったことをしているなあと思いつつ、打ち過ごしていましたが、どうしても気にかかるので、再度アクセスしてみました。そこには、従来からの歯科医師泣かせだった問題点がすべて解消された夢のような入れ歯のことがズラリ・・・・。でも、そんなうまい話はない、とあまり信用しませんでした。
当院では土地柄、高齢者の方が多く、入れ歯に関しては、そこそこ患者さんに評価していただいていると、内心自負していましたので、その日は、ホームページを読む程度で終わっていました。
しかし、毎日入れ歯の調整をするたびに、ミラクルデンチャーのことが頭をよぎり、もし本当ならばといった思いが強くなり、まずは実際に作ってみることにしました。出来上がってきた入れ歯を見て、これで大丈夫か?とまたまた不安になりました。しかし患者さんに装着してみると、「よく噛める」とすごく喜ばれ、不安は一気に吹き飛んでいきました。
しばらくして、今度は旧義歯をミラクル様に改造することになりました。試行錯誤の中で時間はかかりました。なにしろ、歯は1本しか残っていない、しかも動揺しているのです。その歯に義歯を装着した瞬間、ピタッと止まり、入れ歯は微動すらしない。まさに ミラクル! これがミラクルの所以かとその真髄に触れたようで、患者さんより私の方がビックリしてしまいました。
段々と症例も増え、それでもミラクルデンチャーと格闘中ですが、ミラクルデンチャーは、残存歯にも粘膜にも負担をかけない究極の入れ歯であると確信しています。
「ミラクルデンチャーに不適応無し」を看板に、精進、努力をして、患者さんと共に歩んでいきたいと思っています。
under
このページのTOPへ

↑
中村歯科医院 中村公士
中村歯科医院 中村公士

〒761-8076   香川県高松市多肥上町509-1

電話番号:087-888-1211

ホームページ:
http://www.nakamurashika.net/

<<ミラクル歯科医院TOP>>
大阪

見えたぞ、ミラクルデンチャーで新たな方向性が・・・

ある先生から「義歯を作るならミラクルデンチャーだ」と聞かされました。
とくに最初の装着に少し時間がかかるが、無口蓋の義歯、クラスブの見えない義歯を作ることができると補足説明を受けました。
早速ミラクルデンチャーの世界へ入門となりました。
以後、数例のミラクルデンチャーを装着しました。
一症例目は難解な義歯でしたが、歯牙の動揺もあり、スムーズに装着出来ました。
動揺があるが故に止まるかどうか不安でした。
ところが、まさにミラクル!!上顎3歯残存で動揺あり、歯槽骨吸収大の状態で、無口蓋の義歯が止まっているではありませんか。
今まで口蓋のある義歯で、何度も破折しては修理を繰り返していたのが嘘のようであり、現在も快適に使用されています。 ?
もう一つは、実は装着としての第一号は、この症例ですが、上顎2番から、反対側3番までが残存です。今まで数回、義歯を作らせていただきましたが、無口蓋でクラスプが見えなくて、動揺のない義歯を想像することは出来ませんでした。
完成した義歯を見る限りどうやって・・・と思いましたが、副模型に装着されていたので装着方向だけは想像がつきました。
しかし、装着には手間はかかりました。
しかし何とか方向性が分かるような気がしました。 ?
いろいろなポイントがあり、1つずつ克服しつつあります。
装着に時間がかかる時は、患者さんも術者も根比べで大変ではありますが、装着出来た瞬間の違和感のない快適さに、患者さんは今までに無い笑顔で喜ばれます。
装着や取り外しに時間がかかる、難しいと言われる方もいますが、少しずつ慣れていただくよう患者さんの気持ちを考えて、出来る限り適切な指導が出来るよう努力しています。
?症例もだんだんと多くなってきました。
たくさんの患者さんたちの快適で喜ばれる顔が見られるように、もっともっと勉強をしていきたいと考えています。
?今までの義歯の概念を変えることで、新たな方向性とヒカリが見えてくるような気がして、今までにない自信と喜びをもって、患者さんには全力を投じていきたいと考えています。

under
このページのTOPへ
Copyright(C) Ireba110ban. All Right Reserved.